人混みは嫌いだ

原因:パーソナルスペースが侵害される
パーソナルスペースとは他人が侵入してくることで

不快感や嫌悪感を催す空間、言い換えれば他人に

踏み込んでほしくない個人の縄張りのことを指します。
この空間の広さは人によって個人差があり、

侵入してくる相手によっても変化します。
例えば、恋人や家族が物理的に近い距離にいる場合と

好ましく思っていない人間や赤の他人が近い距離に

いる場合とでは精神にかかる負担や状態が変わるものです。
そして、人混みはこのパーソナルスペースに多くの他人が

侵入することになる場です。
多くの他人が物理的に近い距離にいるということは、

人にもよりますがかなりの精神的負担がかかってしまう

環境であるということです。

対策:極力他人を意識しないようにする
人混みがどうしても避けられない場合、他人を意識しないように

してパーソナルスペースを保つことが対策として挙げられます。
他人を意識しないとはつまり、リラックスした状態を作る、

あるいは他に集中できる対象を作るということです。
エレベーターに乗っている場合であれば、じっと階数を眺め続けて

いる状態がそれに当たります。
親しい人と一緒に行動するようにするのも良いでしょう。
先に書いたように、パーソナルスペースには個人差があるので

人混みが気にならない人もいればそうでない人もいます。
そうでない人は人混みにいるという事実だけで疲れるため、

自分が人混みにいるという事実を頭の外に追いやってしまうのが手っ取り早いということです。
臭ピタッは楽天やAmazonが安い?